製剤管理支援システム

運用例(案)

アルブミン製剤オーダー(案)

  1. アルブミン製剤を投与する直前に、輸血管理システムを用いて輸血患者を選択し、投与するアルブミン製剤の製剤コード・管理番号を用いてバーコード入力し、患者と製剤に間違いがないことを確認する。
  2. 使用製剤を登録することで、その製剤は使用済となり、自動的に輸血管理室に報告されます。製剤コード・管理番号を一元管理することにより患者使用履歴、製剤履歴など管理を正確におこなえます。

アルブミン製剤管理 (運用例)

 

 

 

アルブミン製剤オーダーリング (運用例)

PAGETOP